土香便り(つちかだより)

百姓を夢見るサラリーマンが野菜作りを通して感じたり体験するであろう様々な事を「土の香り」のように、さりげなく気取らずにお伝えします。
Posted by 人参舎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 人参舎   0 comments   0 trackback

農業の目指すもの

ここにきて悩んでいます。

畑予定地一面を覆っています草を当初はユンボなどの機械を使って土に埋め込んで肥料にしてしまえと考えていました。草を埋め込む為には土を掘り起こしますし、本に良く書いて有りますフワフワの土作りに貢献する良い事尽くめの計画でした。

しかしです、土作りの本を読んだりネットで調べたりしている内に熟成していない草(肥料)を土に埋め込む事は植物の育成に好ましくないとの事が目に留まりました。

何が良いのか良く解らないのですが、一面を覆っている草は根っこを含めて出来る限り畑の外に出す事にしました。
苅った草を集めます

つまりは、徹底的な無肥料農法を進めて行く事を決断した訳です。

決めた理由は良く解らないのですが食の安全を考えた時に自然に任せる事が一番自然でありますし安全ではないかと考えたからです。
ただ、農業で生計を立てる事を考えると無肥料ではたして満足いく収量が確保出来るのか、売り物になる野菜が作れるのか疑問は尽きません。

農業経験の無い私が現代農法、敢行農法や有機農法がどうのこうのうと言うつもりも有りませんんし、言う資格も経験も有りませんのでスルーして行きまが今後、経験を積みながら率直な意見を言っていきたいと思います。

草を根っこから集めます









関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ninjinsya.blog27.fc2.com/tb.php/11-3853a670
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。