FC2ブログ

土香便り(つちかだより)

百姓を夢見るサラリーマンが野菜作りを通して感じたり体験するであろう様々な事を「土の香り」のように、さりげなく気取らずにお伝えします。
Posted by 人参舎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 人参舎   0 comments   0 trackback

種小麦を頂きました

パン作りを初めてまだまだ日が浅いのですが、はじめからこだわっていたのは、天然酵母を使う事でした。何故だか自分でも良く分からないのですがイーストは使いたく有りませんでした。きっと何処かで見たか、読んだかして自然にすり込まれたこだわりだったのだと思います。
漠然と天然酵母を使うと言っても色々な酵母がある事を知りましたが、販売されている天然酵母ではなくて自分で起こす天然酵母、つまりは自家製天然酵母を使う事にこだわり持っていましたので庭のタイムやパン屋さんから頂いた全粒粉、ヨーグルト等々を使って酵母を起こしてパンを作っていました。
次にこだわったのが小麦粉でした。これも漠然と国産小麦で作れないのかなと思って調べてみるとちゃんとパンの焼ける国産小麦がある事を知りましたし、国産小麦でも色々な種類の小麦かあパンが焼ける事も知り、通販で国産小麦粉を買って使っています。
国産小麦粉を買ってパンを焼くなら、いっそ自分で作った小麦粉で焼いたら美味しいかどうかは別にして満足出来そうな気がして小麦を作る事にしました。

畑の方は前回のブログで紹介しましたように友人の平賀さんのご好意で手当が出来ましたが
肝心の種小麦が決まっていませんでした。

今年の夏のある日の事でしたが、まだ銀座まで勤めていた頃、銀座の本屋さんで「国産小麦のぱんづくりテキスト」という本を見つけて買ってみますと、パン作りに適した国産小麦9種類の比較やその種類毎の背景などなどが書かれていました。
その中で「ダブル8号」という品種が紹介されていまして、もともとは群馬県で作られた品種のようですがそのW8号を我が神奈川県の小田原地域で有機栽培を実践している農家グループ「あしがら農の会」で栽培していると書かれていましたので早速問い合わせしてみましたら親切にある農家さんが種小麦を譲って下さる事になりまして、本日「ダブル8号」の種小麦5キロを譲って頂きに 山北町まで行ってきました。

山北町は我が居住区秦野市からは西に車で2~30分の処に位置する山間の静かな所です。
JR山北駅の駅舎です。

山北駅舎 1



駅のロータリーにはタイムスリップしたようなレトロなバスが何の違和感もなく止まっていました。

山北のバス 2



肝心な「ダブル8号」の種小麦です。

種小麦 3


山北のY.Rさんから譲って頂いた大切な大切な種小麦です。11月の第2週の土日に播種しようと思っています。

どんな小麦が出来るのか、上手く小麦粉までなってくれるか……楽しみです!!

麦撒きの様子はまたご紹介します。

山北のY.Rさん 本当にありがとうございます。これからお聞きすることが沢山出て来るとおもいます



関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ninjinsya.blog27.fc2.com/tb.php/141-ca5650fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。